小児歯科とは

小児の歯の治療に関して

 乳歯は生え変わるので、虫歯になっても放置しがちです。しかし、乳歯が虫歯になると、永久歯の形や、

歯並びに影響を与えるなど、様々な悪影響があります。また、乳歯は永久歯と比べると、歯が柔らかい

ため、虫歯の進行が早いので、早期発見、早期治療が必要です。

 当院では、お子様と協力しながら、お子様の将来のことを考えた治療を行っていきます。

 

 

1001504003.gif

 

お子様の将来を考えた治療

お子様の治療は無理強いをしません。

嫌がるお子様に無理やり治療をしても、歯医者が嫌いになるだけです。

当院ではお子様としっかりとコミュニケーションをとりながら治療を進めて

いきます。

 

お子様の虫歯の予防のポイント

歯のブラッシング

 大人でも同じですが、まず、何よりも歯磨きが大切です。虫歯の元のプラークは、うがいでは取れず、

歯ブラシで取る必要があります。7歳、8歳位までは、子供だけでは、きれいにすることは難しいので、

大人が最終磨きをしてあげてください。

当院では、なるべくお子様だけでも歯磨きがきれいにできるように、優しく歯磨き指導を行います。

 

食事指導

 お子様はおやつを食べることが多いと思います。おやつをやめることは難しいですが、食べる時間を

決める、砂糖の少ないものを選んであげることにより、最低限の予防にはなります。

 

フッ化物の応用

 フッ化物は、歯の再石灰化を促進し、虫歯の酸を作るのを抑制することにより、虫歯の進行抑制と

虫歯の予防に効果があります。

お問い合わせ

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当院へのお問合せは、お電話または下記のお問合せフォームよりお願いいたします。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

TEL : 072-683-0051

受付時間:10:00〜20:00(土曜午後、日祝日は除く)

▲このページのトップに戻る